FC2ブログ
地震前兆観測データの観察サイトです。各地の地磁気・水位・火山・ラドンの状態と、スマートフォンによる磁気・電波測定値をお知らせしていきます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

的中率50%の地震予知

みなさま、こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。こちらのカテゴリーには、どうでもいい個人的なことを綴っています。ですから、地震の前兆などで、お越しのかたは、適当にご覧下さい。

本日の地震前兆観察は、こちらです。

地震予知に関しては、よくブログやホームページなどweb上で多く見ることができます。

当たり外れは、どうでもいいと言えば語弊がありますが、まあ、当たるときもあれば、外れるときもあるでしょう。地震が発生するかもしれないという認識が持てるだけでも、ありがたい話です。

ただ、いつも思うことがあります。

予知するにあたっては、それなりの前兆現象を観測されているのだろうと思うのですが、それらが全て"一方向"だけのように感じるのです。

一方向というのはつまり、地震が発生することに対してですが、私が思うには、地震が発生しないこと、言い方を変えると本来発生すべき地震が発生しなくなるようなことに対しても、前兆現象と同様の事象が起こっているのではないかと思うのです。

実際に大規模な地震の前には、明らかにラドン濃度やその他、何らかの異常が出ると思うのですけども、潜在的に大規模な地震の資質があるときに、何らかの理由でその大規模な岩盤がちょっとずつ破壊されていき、ちょっとずつ破壊されていってる状況が、大規模な地震の前兆と酷似するような異常として観測されてもおかしくないと思うのです。
もっと分かりやすく言うと、3mほど断層がずれ、後10cmほどで地震が発生するとしたとき、3mずれたことで何らかの前兆現象が出ると思うのですが、その後、例えば近くでちょっとした地震が発生したことで、あるいは他の理由で残りの10cmをずれずに、逆の元の場所のほうに戻ることがあるかもしれません。そんなとき、戻るときにも同じような断層のずれにより前兆現象のような事象が起こる気がします。

今一、意味が分からないかもしれませんが、つまり言いたいことは、地震の予知をして、外れた場合、その後更なる大きな地震として発生するかもしれないという一方向の積み上げ式の推察ではなく、前兆として観測された半分くらいのものは、あながち予知した地震が発生せずにすんだという事象だったかもしれないということです。

ですから、よく注意継続ですとか、更なる大きな地震の可能性だとかは、案外リセットされている状態なのかもしれません。

そう考えると、全然当たらないなと思ってらっしゃる他のブログやホームページの予知も、実は当然といえば当然で、的中率50%くらいだと優秀な予知と言えるのかもしれません。

憶測だけなので、適当にスルーしてください。


最後までご覧いただきありがとうございます。


スポンサーサイト



A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

地震エネルギー 【妄想含みます!】

みなさま、こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

今日の横浜は、朝から”さぶ雨”でしたが、ようやく止みました。止みましたが、こんな寒い日はどこにも出かけたくありません。

ところで、この”さぶ雨”、言葉の通り、とても寒くて冷たい雨が降っているということを意味しています。まぁ方言だろうと思っていましたが、どうやら、うちの家庭だけで使われていた言葉だということが最近分かりました。さぶ雨の日は、こたつで丸くなってるのが一番です。


どうでもいい前置きは置いときまして、

この図を見てください。

471.jpg

なまずが1ぴき、なまずが2ひき、なまずが・・・、

ではありません。


3匹おりますが、小なまずの面積を32倍にしたものが、中なまずです。中なまずを32倍したものが大なまずです。

まぁ、そういうことです。

地震のエネルギーの大きさであるマグニチュードの関係を図にしてみたということです。


☆log10 E = 4.8 + 1.5 M

この式については、みなさんご存じだと思います。これはマグニチュードが1大きいとエネルギーは約32倍大きいということを意味しています。

この式について、もっと詳しくとなると、なまずを数えるより眠たくなりますので止めときます。


当ブログでは、地震の予測をするにあたって、過去のマグニチュードごとの発震数の平均値を利用しています。

過去50年間の発震数を年間平均発生率で求めると、M8クラスが0.06回/年、M7クラスが1回/年、M6クラスが10回/年、M5クラスが73回/年、M4クラスが284回/年となります。

例えば直近の過去1年でM4クラスの地震が500回起こっていたとしたら、500回÷284回=1.76となりますから、その割合を利用し、M5クラスが本来、何回発生するはずなのか推定します。そうするとこの場合、73回×1.76=128回となりますから、本来128回/年起こっていれば、あらがね平均値通りだと考えられるわけです。

ただこれは、単なる割合だけで考えているわけですから、この通りに必ずなるとは思っていません。

そこで地震エネルギーの観点からの推察も当然必要だとなるわけです。

よく、大きな地震が発生しないように小さな地震が多く来て歪を解消してくれたら良いなということを聞きます。

この場合、例えばM5の地震1回が発生しないためには、M4の地震が32回くれば解消できるのかもしれません。でも、M6の地震が来ないためにはM4の地震が1000回来ないと解消できないともとれます。結構な途方もない話でもあります。

いずれにせよ、現在、当ブログの地震を予測するにあたって、M5クラスをベースに推定値を出しているわけですが、M4をベースにした場合は大きく異なる数値になります。

例えば、直近1年でM4クラスは700回以上起こっています。そこから考えると、M5クラスは約180回発生するはずだということになります。ですが実際には直近1年で120回で、60回ほど推定値より少ないという状況になります。

ただ単にM5クラスの発震数が少ないともとれますが、エネルギーの観点からするとM5クラスが本来発震するところを、M4クラスが発震することで、多少なり解消してくれているともとれます。
つまり、M5クラスをベースにM4クラスを見た場合、本来、直近1年で465回であると考えられますので、M5クラスの地震を7回ほど、M4クラスの地震で解消していることになります。



とか、

こたつの中で丸くなっていると、どんどん妄想が広がっていきます。なので、カテゴリは”どうでもいい個人的なこと”にしました。

すごく迷路に入ったような気分なので、この辺で止めておきます。

いろいろ妄想はしますが、今後も統計的な平均値による推定値からの予測は、目安程度にはなるだろうと考えていますので、これからも続けていきます。



最後までご覧いただき、ありがとうございます。何かしらの情報が、みなさまの危機管理の一助となることを願っております。



☆ランキングに参加しています。たくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村ブログランキング

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング


ランキングはこちらをクリック!





防災グッズチェックリスト

A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

幼き地震予知

こちらにはどうでもいい個人的なことを綴っています。いつもならスルーしてくださいと言うところですが、今回は、そんなにどうでもいいというわけでもありません。

私が丁度8歳くらいのときで、まだ父親が生きていたとき、”地震予知”なんていう言葉は当然知りませんでした。ましてや私は出身が京都なので、頻繁には起こらないから、地震自体無縁なものでした。

ところが8歳(たぶん8歳だったと思います。)の夏の初め頃、ふと何を考えたのか、カレンダーの下旬辺り(7月か8月だったかどうしても思い出せません。)の2週間くらいをマジックで囲み、私は父に「このあたりに地震が来るから注意しぃや!」と言ったのです。
すると普段そんなに起こることもない地震が起こったのです。おそらく震度で4か5くらいじゃなかったかと思います。
まぁ大体こんなようなことを書くと、非常にいかがわしいように感じられますが、実際に経験したことです。なぜそんなことを言ったのかも分かりませんし、覚えてもいません。自分のことながら、ちょっとした不思議体験です。

ただ地震があったときは丁度、私と父は同じ場所にいたのですが、私を置いて一目散に外に逃げていったことは鮮明に覚えています。特に被害などはありませんでしたので、置き去りにしたことを少し怒りましたが、今になって思うと、おそらく父の頭の中には、私の予知情報があったのです。ですから置き去りにしたことや外に飛び出したことは多少問題かもしれませんが、反応は非常に早かったのです。
前もっての認識が自身の行動を数秒早めてくれたのかもしれません。その数秒が自身と家族の命を守ることにも繋がることになるのでしょう。ただ実際に地震が発生したあとの行動は正しく理解しておかなければなりませんね。
地震が収まったあとは、笑って戻ってきました。もちろん私は動けませんでした。

いずれにせよ、予知ならずとも、日頃、前兆あるいは環境の異変などに注意し、”連想する力”を用意しておいたほうが良いと思います。ただ、現実的に危機管理意識が持てる人、持とうとする人は、ごく一部のようにも思います。ここではそんな持とうとする人のきっかけにでもなれば良いなと思っています。そうすれば、その当人を含み、その周りの方の命を救うことになるのかもしれません。

ところで・・、
的中したことで父親は相当、おののいていました。「神か?神が降りたのか?」みたにはしゃいでいました。おそらく私のことを特別な子のように思えたことでしょう。私自身もそんな喜ぶ父をみてうれしい気持ちになっていました。
ですが、残念ながら、いたって平凡な人間で、何かしら特別な能力があるわけでもありませんし、その後、神が降りることもありませんでした。ただ、こういったブログを作ろうと思ったのは、そういったことがあったからなのではないかと思っています。


こんな記事で最後までお読みいただき本当にありがとうございます。



カテゴリ
前兆ツイート
簡単前兆観察
耳鳴りカレンダー
→ 耳鳴り
★→ M5以上の地震 気象全国データ(気象庁)
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
地震情報
Created by Webpac
気象衛星
月齢
防災対策
ランキング
たくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見られます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
灯籠流し
カウンター
2013年3月13日に置きました。ご訪問ありがとうございます。