地震前兆観測データの観察サイトです。各地の地磁気・水位・火山・ラドンの状態と、スマートフォンによる磁気・電波測定値をお知らせしていきます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

≪続々≫地磁気異常から地震予知を試みる

みなさま、こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

もう、何度も当ブログで書かせていただいてはおるのですが、地磁気の異常値と地震には多少なり、相関性があるという考えのもとで、日々発震数の予測などをしております。

当然ながら、間違っているかもしれません。

ただ、なんとなく思うだけでなく、実際に確かめてみようじゃないかという主旨で、予測は行っております。もちろん地震の発震数と地磁気異常が完全に比例関係にあるわけではありません。ですので、うさんくさい占い師のように、なんでもかんでも占いの通りにこじつけてしまうような場合もあると思います。

だとしても、考えられることを総動員し、事実を直視していけば、真実に近づけると思っています。

まぁ、最終的に「やっぱり違いました!」なんてこともあるかもしれません。そんなことになっても、ご覧いただいているみなさま一人一人に謝罪していくことはできませんので、どうか暖かい目でご覧ください。


ところで、この記事の本題ですが、1月はずいぶん地磁気異常値と発震数の予測が外れていたと思います。外れていたと言いますか、特に際立った異常値に対して、発震数が増加しませんでした。

このことは日々の記事にも書いていますが、おそらく地震の指数関数的減衰の関係によるものではないかと考えています。

通常、M4以上の地震は月に大体30回程度なのです。ところが、東日本大震災の影響で、余震と思われるような地震が増えている状態が、今の状態です。

それでも、去年の10月が月に60回程度だったものが、今年1月は50回程度なのです。つまり今も少し発震数が多い状態にあるものの、平均値である月30回に近づきつつあるのです。

そういった大きなカテゴリで見た減衰傾向と、その場その場の小カテゴリで見たトリガーである地磁気異常による発震数の推移を組み合わせていかなければ、正確な発震数の予測はできないと考えています。

つまり1月現在利用している発震数予測の数値は10月頃のものには当てはまっても、1月のものには当てはまらないということです。

ですから、2月は1月よりさらに5回くらい減るのではなかろうかと見込んでいます。当然、大きな地震が来て、極端に発震数が増加する場合もあり得ます。ここでは大きな地震が来たときのことは、想定していません。

そこで、2月からは下図のような形で予測していこうと考えています。
A61.jpg

賛否両論あるとは思いますが、今後ともどうかよろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
前兆ツイート
簡単前兆観察
耳鳴りカレンダー
→ 耳鳴り
★→ M5以上の地震 気象全国データ(気象庁)
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
地震情報
Created by Webpac
気象衛星
月齢
防災対策
ランキング
たくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見られます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
灯籠流し
カウンター
2013年3月13日に置きました。ご訪問ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。