地震前兆観測データの観察サイトです。各地の地磁気・水位・火山・ラドンの状態と、スマートフォンによる磁気・電波測定値をお知らせしていきます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

2013年2月22日地震前兆観察

みなさま、こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

ここ最近簡単な更新ばかりですみません。

昨日の記事で、ここ最近の地磁気やラドンの動き、26日の満月だったり、地震に関連するようなことが重なっているとお知らせしました。

左サイドバーで行っている簡単前兆観察でも、昨日地震雲1件の報告がありました。実はその後に体感でも1件の報告がありました。ありがとうございます。観察された地域によるところもありますが、2月のM5クラスの増加傾向からしても、やはりしばらくは注意が必要なのでしょう。

また、昨日コメントをいただきました。ありがとうございます。

コメントによると、夜0時過ぎ(22日)東久留米市のほうから富士山方向を見て、星の見え方に異変があったようです。具体的には横長のひし型に見えたということです。ただ同時刻、町田市からはその異変がなかったようです。

ひとまず、私は学者や預言者でないもんですから、「これはこうだ!」と言い切れるものはありません。。

すみません。

ただ、内容を見ると少し怖いのですが、もし仮に横長のひし型に見えたことが地震に関連する事象だったとして、ここでは見えた原因そのものは置いといて、東久留米市から富士山方向を見て異常が出ているのに対して、町田市から見て異常が出ていないということは、東久留米市から富士山方向の直線上に問題があり、町田市から富士山方向の直線上には問題がないということですよね。(まぁ、だいたい。)

その場合、東久留米市から富士山方向の間にあって、町田市から富士山方向の間に無いものがあります。

それは立川断層帯です。

仮に断層のズレなどにより、空間に放出されたラドンのようなものが見え方を変えるようなことがあっても、不思議ではありません。

私も横浜市なので、立川で大きな地震ともなれば、人事ではすまされません。私自身、注意しておきます。

近隣にお住まいの方も、しばらくは注意されたほうが良いかもしれません。

ただ、断層がズレたからといって、必ずしも地震が発生するというものではないでしょう。ズレが数年間続くこともあれば、今回たまたまズレたのであって地震などは起こらないということもあるでしょう。むしろ、そういったことのほうが多いかもしれません。ですから、過度に不安になることは、ないと思います。当然、防災対策なんて全くしていないという方がいらっしゃるなら、多少、用意された方が良いのでしょう。



【追記】
昨日のコメントをいただいた星の見え方が、やはり気になるので、少し調べてみました。

上記の中では、立川断層帯という気になる点を書きましたが、それ以外にも東久留米市から西方向ということを考えると様々なことが想定されると思います。

そこで、もう1点だけ気になる点を書かせていただきますと、新潟の方面ではなかろうかということです。もちろん新潟となると東久留米市からすると北西の方面ですので、ばっちり該当するわけではありませんが、風などの影響により、可能性としてはゼロではないのかもと考えています。

なぜ、新潟なのかと言いますと、今月2月の状態が去年の10月の状態に似ていると思うからです。では、10月がどうだったのかと言いますと、まず国内M4以上の発震数だけでみましても、随分と突然にその月は増加したのです。地震の指数関数的減衰の関係から、東日本大震災以降、発震数も減りつつある中で、10月だけぽっこり増えたというわけです。下記ご覧の通り。。

2011年3月 442
2011年4月 269
2011年5月 244
2011年6月 180
2011年7月 163
2011年8月 160
2011年9月 116
2011年10月 98
2011年11月 82
2011年12月 90
2012年1月 102
2012年2月 90
2012年3月 87
2012年4月 92
2012年5月 77
2012年6月 74
2012年7月 57
2012年8月 63
2012年9月 34
2012年10月 72
2012年11月 58

また、その10月の中で、下記のような地震の連発があったのはご存知でしょうか?

2012年10月18日 11時12分 新潟県中越地方 2.6 3
2012年10月18日 9時04分 新潟県中越地方 2.0 2
2012年10月18日 9時02分 新潟県中越地方 2.2 2
2012年10月18日 7時35分 新潟県中越地方 1.3 1
2012年10月18日 7時27分 新潟県中越地方 2.5 3
2012年10月18日 6時22分 新潟県中越地方 2.0 2
2012年10月18日 5時48分 新潟県中越地方 1.7 1
2012年10月18日 5時38分 新潟県中越地方 2.2 2
2012年10月18日 5時33分 長野県南部 2.5 1
2012年10月18日 1時16分 新潟県中越地方 3.4 3
2012年10月18日 1時02分 新潟県中越地方 1.8 1
2012年10月18日 0時41分 新潟県中越地方 1.8 1
2012年10月18日 0時25分 新潟県中越地方 2.6 3
2012年10月18日 0時01分 新潟県中越地方 4.2 4
2012年10月17日 22時48分 新潟県中越地方 2.2 2

規模自体は小さかったので、特に被害という被害は無かったと思うのですが、異常な発震具合には違いありませんね。

で、

このとき、飛騨の割石温泉におけるラドン濃度ですが、下リンクのような状態だったのです。
岐阜県飛騨市神岡町割石温泉のラドン濃度:2012年10月1日~

少し図が見にくいとは思いますが、突然ラドン濃度が減衰している日が17日~18日と、まさに上述の異常な地震の連発があった日だというわけです。

そこで、今現在、飛騨の割石温泉のラドン濃度がどのような状態かと言いますと、下リンクになります。
岐阜県飛騨市神岡町割石温泉のラドン濃度:2月1日~

欠測などの関係で、類似性が見出しにくいかもしれませんが、現在の上昇値と10月の最高値が共に同じ値にあるということが分かります。この先、10月17日頃のように、いっきに減衰するようなことになれば、同じように新潟方面で地震が連発しないとも限りません。

現在の上昇値は突発的なのを除き、その10月以来の値となります。10月は先に書いたように、大きめの発震とはならなかったようで、結果的に良かったのかなというところですが、では、今回も小さいのかというと保障しきれない思いになります。

また、18日以降にて2012年10月25日19時32分宮城県沖M5.6震度5弱が発生しています。

何が、いつ、どこで、どのように関わっているかは分かりませんが、無視できるものでもないかと思い、追記にて書かせていただきました。

妄想といえば、妄想かもしれませんが、1回くらい私に騙されてみてもいいかもしれません。 何も責任はとれませんが。。。


※コメントいただいた方へ、メール返信させていただきましたが、跳ね返ってきましたので、記事にさせていただきました。ご了承ください。問題がありましたら、削除させていただきます。


☆ランキングに参加しています。是非、応援クリックをお願いします。また、クリック先はたくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村ブログランキング

人気ブログランキングへ

☆拍手していただけたら、感謝です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
前兆ツイート
簡単前兆観察
耳鳴りカレンダー
→ 耳鳴り
★→ M5以上の地震 気象全国データ(気象庁)
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
地震情報
Created by Webpac
気象衛星
月齢
防災対策
ランキング
たくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見られます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
灯籠流し
カウンター
2013年3月13日に置きました。ご訪問ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。