地震前兆観測データの観察サイトです。各地の地磁気・水位・火山・ラドンの状態と、スマートフォンによる磁気・電波測定値をお知らせしていきます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A708.png110
防災グッズチェックリスト【PDF】
地震前兆観察サイト 防災関連グッズのショッピング

的中率50%の地震予知

みなさま、こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。こちらのカテゴリーには、どうでもいい個人的なことを綴っています。ですから、地震の前兆などで、お越しのかたは、適当にご覧下さい。

本日の地震前兆観察は、こちらです。

地震予知に関しては、よくブログやホームページなどweb上で多く見ることができます。

当たり外れは、どうでもいいと言えば語弊がありますが、まあ、当たるときもあれば、外れるときもあるでしょう。地震が発生するかもしれないという認識が持てるだけでも、ありがたい話です。

ただ、いつも思うことがあります。

予知するにあたっては、それなりの前兆現象を観測されているのだろうと思うのですが、それらが全て"一方向"だけのように感じるのです。

一方向というのはつまり、地震が発生することに対してですが、私が思うには、地震が発生しないこと、言い方を変えると本来発生すべき地震が発生しなくなるようなことに対しても、前兆現象と同様の事象が起こっているのではないかと思うのです。

実際に大規模な地震の前には、明らかにラドン濃度やその他、何らかの異常が出ると思うのですけども、潜在的に大規模な地震の資質があるときに、何らかの理由でその大規模な岩盤がちょっとずつ破壊されていき、ちょっとずつ破壊されていってる状況が、大規模な地震の前兆と酷似するような異常として観測されてもおかしくないと思うのです。
もっと分かりやすく言うと、3mほど断層がずれ、後10cmほどで地震が発生するとしたとき、3mずれたことで何らかの前兆現象が出ると思うのですが、その後、例えば近くでちょっとした地震が発生したことで、あるいは他の理由で残りの10cmをずれずに、逆の元の場所のほうに戻ることがあるかもしれません。そんなとき、戻るときにも同じような断層のずれにより前兆現象のような事象が起こる気がします。

今一、意味が分からないかもしれませんが、つまり言いたいことは、地震の予知をして、外れた場合、その後更なる大きな地震として発生するかもしれないという一方向の積み上げ式の推察ではなく、前兆として観測された半分くらいのものは、あながち予知した地震が発生せずにすんだという事象だったかもしれないということです。

ですから、よく注意継続ですとか、更なる大きな地震の可能性だとかは、案外リセットされている状態なのかもしれません。

そう考えると、全然当たらないなと思ってらっしゃる他のブログやホームページの予知も、実は当然といえば当然で、的中率50%くらいだと優秀な予知と言えるのかもしれません。

憶測だけなので、適当にスルーしてください。


最後までご覧いただきありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
前兆ツイート
簡単前兆観察
耳鳴りカレンダー
→ 耳鳴り
★→ M5以上の地震 気象全国データ(気象庁)
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
地震情報
Created by Webpac
気象衛星
月齢
防災対策
ランキング
たくさんの方の地震予知や前兆観測、災害対策が見られます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
灯籠流し
カウンター
2013年3月13日に置きました。ご訪問ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。